建築File314 ロースハウス
オーストリア ウィーン
設計 アドルフ・ロース

先駆的なモダニズム建築の1つで、装飾を罪悪と主張し
それらをそぎ落とすことを徹底した作品である

カザリソイダ度☆☆☆☆

低層部は古典主義的なデザインをしているが
王宮前の歴史的一角であったため、激しい非難を受けた

あなたの応援が励みです。読み終わったら下部のボタンをClickしてね!
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへにほんブログ村 建築デザインへ
blogram投票ボタンblogramランキング参加中!
| toen | オーストリア | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.1-4worldtrip.hippy.jp/trackback/938711