建築File309 ハースハウス
オーストリア ウィーン
設計 ハンス・ホライン

当時の宿営地の砦の形状踏襲、広場の街並みの連続性から
現代素材のガラスへの移行、と3つの歴史性を共存させた。

ゲンダイノソウニュウ度☆☆☆

ガラス面は、この場の歴史を映すスクリーンでもあり、
内部からは、近世から現代までのまちなみを一望できる。

あなたの応援が励みです。読み終わったら下部のボタンをClickしてね!
にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへにほんブログ村 建築デザインへ
blogram投票ボタンblogramランキング参加中!
| toen | オーストリア | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.1-4worldtrip.hippy.jp/trackback/938706